• HOME
  • 山形銀行の各種サービスとその魅力

    山形銀行の保険業務

    山形銀行が最近力を入れているのは、各種保険業務です。生命保険、傷害保険など様々な保険商品を山形銀行の窓口でも契約できるようにすることで、様々な金融サービスを提供できる仕組みづくりを行っています。

    具体的には、山形銀行と既存の保険会社が提携を結び、山形銀行が保険会社の代理店として、生命保険や医療保険などの保険募集業務を行います。実際に保険契約をするのは、個人と保険会社との間となり、山形銀行は代理店として手数料収入などを得るという仕組みになっています。

    かつて、銀行では業務内容に「保険」というものはありませんでした。しかし、関係法令の改正により、銀行が保険商品を取り扱えるようになり、山形銀行でも早い時期から保険商品を取り扱うようになりました。保険金の支払いなどは、保険会社が行うので、銀行としてはあくまで代理店という立場は変わりありません。

    さらに、銀行が保険商品を取り扱うことによるメリットは他にもあります。銀行の立場から言えば、保険や預貯金を一元的に考え、顧客個人に合わせたライフプランを提案できる立場になったことで、複数の金融商品を一度に販売できるメリットを手に入れたわけです。

    実際、山形銀行でも店舗窓口で生命保険商品をアピールしたり、保険専用の窓口を設置し、専門職員による窓口業務を実施するなど、さまざまな方法で保険商品の取扱をアピールしています。地域において、様々な金融商品を扱えること、それが顧客に対するアピールになると考えているのです。